北条麻妃のナカイキ手法動画をネタバレ

Gスポットの探り当て方と刺激の仕方

なぜ探り当てる必要があるのか

Gスポットは女性の膣内の性感帯としてとても良く知られています。AVでもしばしばタイトルにGスポットという言葉が入っていたりしますよね。

 

そんなGスポットですが、あなたはパートナーのGスポットを刺激して快感を与えた経験はあるでしょうか。
おそらく答えがNOの人が多いかと思います。

 

なぜGスポットの刺激をした経験が無いか。そもそもGスポットってどこなのか知らない方が多いかと思います。よく知られている性感帯なのに、その知名度とは裏腹に位置を知っている人が少ないのです。

 

このGスポット、見た目で他と区別が出来るものではありません。見ても分からない。さらにその位置は個人差が少しあるのです。
Gスポットが強烈な快感をもたらす性感帯だという事はおそらく聞いた事はあるかと思います。セックスをするパートナーがいるのなら、ぜひGスポットを刺激して気持ちよくしてあげたいし、気持ちよくなっているいやらしい姿を見たいと男は思います。でも見た目で分からないから刺激のしようがない。そうですよね。

 

だから探り当てる必要があります。
「Gスポットの位置はここです」とは言えないわけですね。

 

指で探り当てるのは難しい

もしGスポットを刺激するのなら、指で弄ってあげたいと思いますよね。
パートナーの女性があなたのペニスを手で弄って気持ちよくしてくれるように、あるいはクリトリスを愛撫する時のように。自分の動作でパートナーの女性が気持ちよくなるというのは嬉しいものですし、たまりませんよね。

 

でも実は、Gスポットを指で探り当てるのは難しいのです。
不可能という事ではありませんが、簡単ではありません。

 

そこで北条麻妃「絶頂ピストンメソッド」では、比較的簡単にGスポットを探り当てる方法が紹介されます。指ではなく、ある道具を使う手法です。
⇒道具を知りたい方はこちらをクリック

 

まずはこの道具を使ってのGスポットの探り当てを試してみてください。
ちなみにもう1種類、Gスポットの探り当て方と刺激の仕方は紹介されます。慣れてきたらこっちにも挑戦してみましょう。

トップへ戻る